ヘッダーイメージ 本文へジャンプ

こどものめがね



お子様に発育とって大切なメガネ選び

こどもは取っ組み合いのケンカやボールがぶつかったりと、予期せぬ出来事で
メガネが歪んだり壊れてしまうことが頻繁にあります。

こちらでは、そんな育ち盛りのお子様の目やメガネ選び、
度数進行保証についてご案内します。





小さい頃からメガネを掛ける事はかわいそうな事ではありません

よく街中で、小さいお子様がメガネを掛けているのを見かけますが、幼稚園児やもっと小さなお子様の場合、ほとんどが遠視用メガネです。

小さい子供にメガネを掛けさせるのは辛いですよね。

でも、遠視の子は小さいうちからしっかり掛ける事で、小中学生になった時にはメガネを掛けなくてもよく見えるようになる事もあります(度数によりますが)。早いうちに掛けるほど効果があります。

逆に掛けなければいけない状態にも関わらず、かわいそうだからといって掛けずにいると、見る力も発達しにくくなりますし、目からうまく脳に情報が行かず、脳の発育に悪影響です。
遠視は、小さい頃に頑張ってメガネを掛ければ確実に良くなってきます。


大切なお子様、お孫さんがもしTVや絵本などを見づらそうにしてたら、早いうちに眼科を受診される事をお勧めします。

小さい頃からメガネを掛ける事は、決してかわいそうな事ではありません。






どんなメガネを選んだらいいの?

大人もこどもも、基本的には気に入ったものを選ぶのが大前提です。
メガネは毎日掛けるものなので、気に入らないと掛けるのが楽しくありません。

これを踏まえたうえで…



~丈夫なものを選ぶ~

形状記憶合金の軽くて柔らかな掛け心地、丈夫で歪みにくく、たとえ歪んでも修理の出来るモノ。

メガネが壊れてショックなのは親御さんだけではなく、お子様も一緒です。

「せっかく買ってもらったのが壊れた…」

落ち込んだ様子でご来店になるお子様も少なくありません。

安いメガネの中には調整の出来ないものもあり、耐久性もありません。

丈夫なメガネは丈夫で掛け心地もよく、
安心してご使用いただけます。







安心のサポート“Kid's Club”









→キッズアイウエアのブログ特集へ

AMIPARIS(アミパリ/日本)
BeBe(べべ/日本)
crocs(クロックス/アメリカ)
EAST BOY(イースト・ボーイ/日本)
EYEs CLOUD mini(アイ・クラウド・ミニ/日本)
gosh(ゴッシュ/日本)
Jill Stuart NEW YORK(ジル・スチュアート・ニューヨーク/アメリカ)
Julbo(ジュルボ/フランス)
こどもの国(コドモノクニ/日本)
KOOKI(コーキ/日本)
L'arflex kids(ラルフレックス・キッズ/日本)
miki house(ミキ・ハウス/日本)
Paul Smith(ポール・スミス)
puma(プーマ/ドイツ)
Rimrock(リムロック/日本)
Silhouette(シルエット/オーストリア)
Z parts(ジー・パーツ/日本)




フッターイメージ